SEO対策

【SEO対策】外部リンク(被リンク)を得るための具体的な方法5選

SEO対策で絶対に外すことのできない外部リンクですが、どうやって対策すれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、多くのサイトから外部リンクを得るための方法についてご紹介したいと思います。

外部リンクとは? 外部リンクが重要な理由

外部リンクとは、他サイトから自分のサイトに向けて貼ってもらうリンクのことです。

自分が貼るリンク対し、他人に貼ってもらうという意味で「被リンク」とか「バックリンク」と言う呼び方もします。

Googleは多くのサイトからリンクを集めるサイトを評価しやすい傾向になっていますので、外部リンクを集めることはSEO対策に効果的であると言えます。

ただし闇雲にリンクを集めれば良いわけではなく、悪質なリンク集めはペナルティ対象となるため注意が必要です。

Googleのリンクプログラムでは、以下の行為を禁止しています。詳しくはGoogleのリンクプログラムをご覧ください。

PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを目的としたリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反となる場合があります。これには、自分のサイトへのリンクを操作する行為も、自分のサイトからのリンクを操作する行為も含まれます。

Googleリンクプログラム

つまり、E-A-T(専門性-権威性 -信頼性 )が高いサイトからの良質なリンクを集めることが重要です。

外部リンクを集める方法

自社サイトからのリンク

最も簡単で手軽に始められるのが自社サイトからのリンクです。

自分の会社で運営するサイトであれば、積極的に紹介していきましょう。

ニュースジャッキング

ニュースジャッキングとは、最新の話題やニュースが注目される前に記事にして配信することです。

これまで誰にも話題にされてきてないので、これだけで一時的にGoogleの検索上位に食い込む可能性があります。

また他の人が自分の記事を参考にさらに記事を書くため、引用や紹介目的で被リンクが獲得しやすい手法です。

海外の話題の方が先駆者になりやすいので、常日頃から海外のトレンドに目を向けておくことが重要です。

事例紹介

商品やサービスを販売するサイトであれば、事例紹介が有効です。

実際にその商品を使っているユーザーの声を聞き、インタビュー記事のような形で掲載しましょう。

「インタビュー受けました!」みたいな形で、ユーザーのSNSやサイトのお知らせ等から外部リンクを獲得できる可能性があります。

書籍レビュー

サイトコンセプトに合う書籍があるなら、それを紹介、レビューする記事を書きましょう。

質が高いレビューであることが前提ですが、SNS等で拡散される可能性があります。

また記事が拡散される過程で、著者本人からの外部リンクが得られる可能性もあります。

プレスリリース

会社サイトであれば、プレスリリース記事を書きましょう。

記事を新聞や雑誌などの大手メディアに送り、記事にしてもらうことで被リンクが獲得できます。

新聞社はE-A-T(専門性-権威性 -信頼性 )が高いため、Google評価の高い外部リンクとなる可能性が高いです。

1社1社にプレスリリースを出すのは大変ですので、ワイヤーサービスの利用を検討しても良いかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SEO対策では外部リンクを集めることが重要です。

ただし、悪質なリンク集めはペナルティ対象となってしまうので注意しましょう。

良質なリンクを自分のサイトにあったやり方で集めてくださいね。

SEにおすすめ!副業サイト情報

リモートワークが浸透し、家で仕事をするのが当たり前の時代になってきました。
特にシステムエンジニアはパソコン1台あれば仕事になるため、リモートワークの恩恵が大きい職種と言えるでしょう。

そこで注目したいのがエンジニア向けの副業です。

「会社に縛られない生き方をしたい」
「家にいる時間を有意義に使いたい」
「もっとお金を稼ぎたい」

このようなお考えの方は、次のサイトを活用してみてはいかがでしょうか。

クラウドワークス

日本最大手のクラウドソーシングサイトの一つ。

「コードレビューをしてほしい」「マクロを作ってほしい」といったライトな案件から、がっつりシステム開発の案件まで幅広く揃っているので、好みの案件を見つけやすいのが特徴です。

自分の実力に合わせた案件を選びやすいため、これからエンジニアとして経験を積みたいという方でも使いやすいです。

ココナラ

「得意を売りたいココナラ♪」のCMでおなじみのココナラ。

クラウドソーシングは自分から案件に応募するスタイルですが、こちらはクライアントからの依頼を待つタイプです。そのため、ある程度実績がないとクライアントに興味を持ってもらえない面があります。

ある程度経験を積んだエンジニア向きの副業サイトです。

-SEO対策