明日の自分をアップデート!

  1. サイト運営
  2. 3 view

初めてネットショップをやるなら楽天がおすすめ!

仕事でWebサイトを作成することがありますが、「これからネットショップをやっていきたい」というお客様にはまず楽天への出店をおすすめしています。

しかし、ネットショップというと自分でサイトを立ち上げて運営していくことを想像しているらしく、乗り気にならない方が多いです。

ネットショップとは物を売っているWebサイトのことなので、その仕組みはブログや企業サイトと特に変わりません。

今の時代ECサイトを作れるツールも豊富に揃っているのでサイト自体は簡単に作れますが、それで儲けようと思うとかなり大変です。

今回はネットショップ初心者が楽天から始めた方が良い理由についてご紹介します。

ネットショップを立ち上げる方法

まずネットショップを行うための代表的な手段についてご紹介します。

ショッピングモール
他社が運営するショッピングモールサイトに会員登録し出店する方法。楽天AmazonYahooショッピングが代表的。
ECサイト
ブログや企業サイトなどのように一からサイトを作成し、そこに決済やカートなどの販売機能を持たせたもの。EC-CUBEのようなECサイト構築パッケージを利用したり、StoresBASEのようなサービスを利用するのが一般的。
フリマアプリ
メルカリラクマなどの個人間売買に使われるモバイルアプリ。アプリの利用規約が業者NGでなければ利用することができる。

このうち、フリマアプリは個人間売買のためのものなのでビジネス用途には適していません。

アクセス解析や在庫管理機能といったビジネスに必要な基本機能がないためです。それに今は良くても、アプリの規約変更で業者による販売がNGになる可能性も十分にありますのでリスクがあります。

本格的なビジネスにするのであれば、ショッピングモールへの出店かECサイトの構築が現実的な選択肢でしょう。

ショッピングモールが収益化が早くておすすめ

当たり前ですが、ECサイトを立ち上げてすぐの状態は知名度がゼロです。

サイトの存在すら知らず、Googleのような検索エンジンにすら認識されていません。

そんな中、物を売るためにはSEO対策やWeb広告などの集客手段が必要になり、それには専門知識と費用が必要なだけでなく成果が出るまでにかなりの時間がかかります。

田舎の山奥にお店を開き、そこにお店があることすら誰も知らない状態に似ています。

そこを知る人ぞ知る秘境の名店にするためには、まずは広告を出したり道路に案内板を出したり、認知してもらうために多くの費用と労力をかけなくてはいけません。

ECサイトはショッピングモールよりサーバー代や決済手数料などの諸経費が安く利幅が大きいというメリットがありますが、最初の一つを売るまでがとにかく大変で苦しい時期が続きます。

それに対しショッピングモールはすでに十分な知名度を持っており、日々多くの人が訪れるので、自分で集客を頑張らなくても良いというのが最大のメリットです。

ヒカリエとか表参道ヒルズとか、自分がどこかのショッピングモールに行ったところを想像してみてください。

人がいっぱいいますし、目的がなくてもお店を覗いたりちょっと気に入ったものを買ったりしますよね。

Webのショッピングモールもこれと同じで、基本的にすでにそこにはお客様が大勢来ていて、現実と同じようにお店を覗いては出てを繰り返しています。

お店の前には多くの人が歩いていますから、広告や案内版の用意は不要で、あなたは店先での呼び込みからがんばれば良いのです。

実店舗では実演販売やディスプレーなどで通行人の注意をひきますが、ネットショップではその代わりに商品タイトルを工夫したりします。

ユーザーの検索ワードにかかりやすい言葉を使う、思わずクリックしたくなるような魅力的なコピーを商品につける、といったことを行います。

当然ネットショップ初心者が最初から完璧にこなせるはずもなく、トライ&エラーの繰り返しになるでしょう。

ここで重要になるのが集客力です。

どのようなものが売りやすいのか、どのような宣伝文句だと効果が高いのかを検証するためにも、まずは分析できるだけのアクセス数、つまり集客ができていなければ始まりません。

ショッピングモールは集客がすでに済んでいるので、出店してすぐにユーザーの反応を集めることができ、実力を身に着けやすいのです。

Amazonは出店者が見えにくい。楽天がブランディングしやすくておすすめ

代表的なショッピングモールはAmazon、楽天、Yahooショッピングがありますが、初めてのネットショップであれば楽天がおすすめです。

YahooショッピングはAmazon、楽天に比べユーザ数が少なく集客力がこの2社よりも弱いです。

お店へのアクセスが多ければ多いほど商品の売り方のノウハウを蓄積することができますので、やはり最初は集客力が高いサイトを選ぶべきでしょう。

次にAmazonですが、 利用ユーザー数は楽天よりも多いのですが商品紹介ページに個性がなく、ユーザーが「Amazonから買っている 」という意識が強いのがデメリットです。

商品ページには一応出店者の情報は出ているのですが、ページ構成がどのお店も同じになってしまうので個性が出せません。

これはAmazonのブランド戦略で、ユーザーには「Amazonから買った」ということを印象づけ、Amazonのリピーターにはなってもらうためのものです。

つまり、商品の購入者はAmazonのファンにはなっても、あなたのお店のファンにはなりにくいということです。

反対に楽天は出店者ごとに商品ページのレイアウトをある程度自由にいじれることが特徴です。

一つの商品ページで関連商品を紹介することもできますし、セールのアピールをすることもできます。

商品紹介に個性を出すことができ、楽天の集客力と組み合わせることでさまざまな売り方を試すことができます。

またお店単位でメルマガを発行することができ、一度でも商品を購入してくれた人とつながりを持つことができます。

こちらからの積極的な情報発信により、自分のお店をブランディングしていくことが可能です。

楽天は価格競争が激しいのではないか?

楽天では商品を検索すると、その商品のリストがお店に関係なく表示されます。

ユーザーには商品を比較検討しやすいメリットがありますが、出品者から見ると一番安いところが選ばれるため価格競争になりやすいと思われるかもしれません。

たしかにそういう側面はありますが、商品購入までのプロセスはそこまで単純なものではありません。

自分がネットで買い物をするシーンを想像していただきたいのですが、買い物をする時に最安値だけでそのお店から買おうと判断するでしょうか?

他のお店より大幅に値段が低かったら、反対に不安になりませんか?

ネットショップは相手の顔が見えないため信頼関係の構築が難しいです。安すぎると「粗悪品ではないか?」「本当に商品が届くのか?」といった不安要素が頭に浮かび、価格だけではなかなか決めきれません。

ユーザー心理は複雑です。ただ値段が安いから売れる、高いから売れないというわけではないのです。

視点を変えると同一商品を比較しやすいというのは、ネットショップ初心者が商品の相場感を把握しやすいということに繋がります。他にも他店ではどうやって商品を紹介しているかを調査するなど、ネットショップ初心者にはメリットの方が大きいと感じます。

楽天の出店料は高いが、それ以上にメリットは大きい

さて、ここまで楽天押しで来ていますが、もちろんデメリットがないわけではありません。

楽天に限らずショッピングモール系のサイトは、自分でECサイトを構築する場合に比べて出店料が高額です。

StoresやBASEのようなサービスは無料プランがあり、無料でサイトを構築することができ、販売手数料という形で商品が売れるたびにそこからマージンを抜かれる仕組みです。

対して楽天は、出店するだけで出店料がかかります。一番安いプランで月額19,500円。年間契約なので年額約23万円ほどかかります。

さらに売上高に対して3.5%~7%のシステム利用料がかかるため、ECサイトに比べて利益を圧迫しやすいです。

しかし、それを差し引いても楽天を使うメリットは大きいと考えます。

一からECサイトを作り、集客もままならず商品も売れないしノウハウも貯められない期間があることを考えれば、その期間の損失は20万円では済まないでしょう。

ちなみにEC-CUBEでサイトを作った場合の構築費は30万円からが相場です。

集客の必要がなく、早期にネットショップの感覚をつかめるというだけでも十分利用価値があると思います。

ネットショップ初心者の方は、まず楽天から初めてみて、ECサイトの構築は次の段階としても良いのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP