SEO対策

【SEO対策】アイキャッチ画像は絶対入れた方がいい

アイキャッチは画像検索にひっかかる

アイキャッチ画像を入れた方が良い理由。

それはGoogleの画像検索に引っかかるからです。

Googleは画像検索や動画検索に力をいれており、日々進化しています。

またその利便性に気づいたユーザーも多く、画像検索を利用する人が一昔前に比べてとても多くなっています。

こちらはGoogle 画像検索によって当サイトが表示された直近6ヶ月間の回数です。

以前に記事にした通り、当サイトはアイキャッチをやめていました。

それでもなぜか画像検索にこれだけ表示されています。

画像検索に力を入れないということは、それだけ機会損失に繋がっている可能性あるということではないでしょうか。

過度なアイキャッチは不要

だからといって、アイキャッチを大量に挿入すれば良いかというとそうではありません。

やはり一番に考えるべきは訪問してくれたユーザーへの配慮です。

見づらくならないか、文書のテンポが悪くならないかなど、読みやすさに気を配りながらアイキャッチを入れるべきです。

当サイトでは、サムネイルとなるトップ画像だけ入れるようにしました。

オリジナリティのない画像は意味がない

Googleは画像検索に力を入れていると書きましたが、なんでもかんでも画像を表示しているわけではありません。

Googleは検索者の利便性を第一に考えていますので、記事と関連性が低い画像はヒットさせないようにしています。

つまり、無料の写真素材を適当に貼り付けただけのようなアイキャッチには意味がないのです。

無料素材を使うにしても、文字を入れたりレイアウトを工夫するなど、オリジナリティを出すような努力が必要です。(もちろん、加工が許可された素材に限ります)

アイキャッチはSEO強化につながる

アイキャッチが画像検索にひっかかれば、サイトの訪問数増加につながります。

つまり、アイキャッチは見栄えだけでなく、SEOの強化につながるのです。

アイキャッチ画像は作るのが大変ですが、SEO対策につながるならやる価値がありますよね。

アイキャッチを活用して、ぜひサイトのパワーアップを目指してみてくださいね。

SEにおすすめ!副業サイト情報

リモートワークが浸透し、家で仕事をするのが当たり前の時代になってきました。
特にシステムエンジニアはパソコン1台あれば仕事になるため、リモートワークの恩恵が大きい職種と言えるでしょう。

そこで注目したいのがエンジニア向けの副業です。

「会社に縛られない生き方をしたい」
「家にいる時間を有意義に使いたい」
「もっとお金を稼ぎたい」

このようなお考えの方は、次のサイトを活用してみてはいかがでしょうか。

クラウドワークス

日本最大手のクラウドソーシングサイトの一つ。

「コードレビューをしてほしい」「マクロを作ってほしい」といったライトな案件から、がっつりシステム開発の案件まで幅広く揃っているので、好みの案件を見つけやすいのが特徴です。

自分の実力に合わせた案件を選びやすいため、これからエンジニアとして経験を積みたいという方でも使いやすいです。

ココナラ

「得意を売りたいココナラ♪」のCMでおなじみのココナラ。

クラウドソーシングは自分から案件に応募するスタイルですが、こちらはクライアントからの依頼を待つタイプです。そのため、ある程度実績がないとクライアントに興味を持ってもらえない面があります。

ある程度経験を積んだエンジニア向きの副業サイトです。

-SEO対策